kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

2枚だけの冬のコートの今後と、丁寧な節約

スポンサーリンク

 

日々の寒さを防ぐ、あったかコート。

 

私はロングとショートの2枚を所有しています。

 

ロングは7年、ショートは6年ほど着ています。

 

今回の記事はそんな大切にしている2枚のコートのことを書いてみました。

 

 

 

ショートコート

シュシュドママンというブランドのものです。

 

f:id:kurashi-kenyaku:20210219123938j:image

少し開いた袖口にある刺繍がとても気に入り購入しました。

カラーはチャコール。

軽くて暖かく、気軽に羽織れるショートコートです。

 

裾や袖口が広がっている、Aラインのコートです。

 

ワイドパンツやロングスカートにも違和感なくコーディネートできて、ボトムにどんなカラーを持ってきても、マッチするようなカラー幅の広さが気に入っています。

 

お値段は13,000円ほどでした。

 

ロングコート

NEW YORKERの膝下20㎝ほどのウールのロングコートです。

 

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124006j:image

試着した時に、カラダに馴染むしっかりとした作りで、どんなアイテムと合わせても邪魔しないシンプルなロングコートです。

カラーもチャコールに近いグレーで、肩が凝らず、着心地も◎です。

冠婚葬祭にも使えるオーソドックスなデザイン。

 

お値段は40,000円ほどでした。

 

コートの今後

長く着ているので、生地に厚みが無くなってきたように思います。

 

何シーズンもクリーニングに出しているので、タグの文字も薄くなり読めなくなってきました。

 

来年度はどうしようか…と、悩む姿になってきましたが、袖口のほころびは無く、もう一年着られるかな…とも思っています。

 

そうしたら、もう一年、もう一年と伸ばしてしまいそうなくらい気に入っています。

 

丁寧な節約

コートは値が張るお買い物。

だからこそ、大切にお手入れをして着ています。

 

仕事から帰ると、キチンとバンガーに掛けて、形が崩れないように気をつけています。

 

お手入れは週に一度、ブラシで埃を払い、ファブリーズで消臭しています。

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124044j:image

 

今度買い替えるとき、お値段の安いものを数年で回転させるのがいいのか?

それとも、自分的には高価なコートを何年も着るのがいいのか?

少し迷っています。

 

どちらが一番節約になるのでしょうか。

 

例えばロングコートは、ひとシーズンが3か月だとして90日、7年着て630日、一日約64円ほどの計算になります。

10年着れば、一日約44円ですね。

 

お気に入りを大切に着ていたい…。

 

値段で迷いすぎて失敗はしたくありません。

日々の暮らしの中で自分らしさを表現する服を、お手入れして、大事にしていきたい…。

それが丁寧な節約に繋がるのではないかと思っています。

 

 

大切にしている靴の記事⇒3足だけの靴はお手入れをして大切に履く - kurashi日和