kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

無印のキッチンツールをオシャレに収納

スポンサーリンク

日々の料理で大切に使っている、お気に入りのキッチンツール。

 

無印良品のモノがほとんどです。

 

築30年にもなる古い我が家にもマッチする、シンプルでオシャレな無印のキッチンツールは、デザイン的にも使いやすさも優れものです。

 

今回の記事はそんな無印のキッチンツールのことを書いてみました。

 

 

 

キッチンツールの紹介

こちらが愛用しているキッチンツールです。

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124156j:image

すべて無印良品のものです。

左から…

・シリコーンジャムスプーン

・柄の長い計量スプーン(小)

・柄の長い計量スプーン(大)

・シリコーンスパチュラ

・シリコン調理スプーン

・おたま

・竹箸

 

その他…

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124244j:image

左から…

・ソーラークッキングスケール 

・泡立て(小)

・マッシャー

・ダイアル式キッチンタイマー

 

相当な年季の入ったものもあります。

 

無印のキッチンツールが気に入っている理由は、シンプルで使いやすいところです。

 

「もう少し柄が長いほうがいいな…」とか

「もう少し持ちやすいといいな…」など、

普段少しだけ不便を感じるところに細かい配慮がされていて、使用者目線になっているところが一番のお気に入りポイントです。

 

キッチンツール収納

同じく無印のキッチンツールスタンドに収納して、すぐに使えるようにしています。

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124321j:image

白い陶器は古い我が家にも溶け込んでいます。

 

柄の長い計量スプーンと皮引き、同じく無印のガラスメジャーカップはキッチン前に吊るして収納しています。

f:id:kurashi-kenyaku:20210219124410j:image

 

使い勝手も考える

 

手に取りやすく、オシャレな収納になるように、キッチン回りは考えてレイアウトしています。

 

我が家のキッチンは、かなりレトロなので、今風の収納に優れたキッチンではありません。

 

だからこそ、古さを含めた使いやすい収納を楽しんでいます。

 

私にとってのキッチンツール

毎日の『おうちごはん』で欠かさず使うものであり、無くてはならないもの…

それが無印のキッチンツールです。

 

一つひとつの居場所を決めてあげて、忙しい調理中に迷子になって探すことがないようにしています。

 

居場所を決めてあげることで、必要なときに、すぐに手に取り、スムーズに調理することができるようにするためです。

 

そんな収納を心掛けています。

 

キッチンツールは消耗品…

徐々に傷みも出てきます…

 

買い替えの時期も必然的にやってきますが、お気に入りのキッチンツールを、少しでも長持ちさせられるように、丁寧に扱っていきたい…そう思っています。

長く使うことは、モノの寿命を全うさせて、結果、節約にもなりますね。