kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

無印の小物収納3段でスッキリ

 

小さなモノも居場所を決めてあげると、部屋の散らかりが防げます。

そんな、お気に入りの小物収納を紹介します。

 

 

 

バラバラした小物の収納場所

バラバラした小物は、こちらの小さな収納ボックスに仕舞っています。

f:id:kurashi-kenyaku:20200812153603j:image

無印良品の小物収納3段

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200812153620j:image

向かって左の引き出しには、愛用のボールペンの替芯が入っています。

真ん中は、使ってない予備の車の鍵とUSB。

右の引き出しは、診察券や普段は持ち歩かないポイントカードなどを収納しています。

 

使いやすさ

引き出しごとに指が入る丸い穴が開いているので、使いやすさも抜群。

スムーズに引き出せて、長さがあるので引き出しすぎて、落ちてしまうこともありません。

見た目だけで使いやすさも良くないと、結局は使わなくなってしまいます。

無印良品は両方を兼ね備えた商品が多いので、お店に行くのが楽しみでもあります。

我が家は横にして使っていますが、縦にしても同じように使えるところもポイントですね。

f:id:kurashi-kenyaku:20200812153630j:image

 

普段はリビングのガラスの扉がついた、左側の収納棚に置いています。

f:id:kurashi-kenyaku:20200812153644j:image

すぐに取り出せるので、便利に活用。

 

シンプルなデザイン

さすが無印良品のデザイン。

古い我が家のリビングにも馴染んでいて、ナチュラルな木目がおしゃれでシンプルです。

木の製品を見ていると、ほっとしますね…

やはり自然から作られてたモノは、心が安らぎます。

無印良品は、そんな安らぐデザインの品が多くるありますね。コロナが収束したら、大きい店舗まで足を運んでみたい…と、思っています。

 

小物も居場所を作る

バラバラした小物も居場所が決まっていることが大事です。決まっていないと、小さなモノはあちこちに散乱し、片付けが面倒になってしまいます。特にテーブルの上などは、小物だらけ…なんてことになってしまいます。どんな小さなモノでも、一つひとつにきちんとした定位置を作って仕舞ってあげないと、元気良く出歩いてしまい戻ってきてくれません。

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200812153909j:image

少し食欲が出て、元気を取り戻した18歳になる高齢のおじ。

しかし、だいぶ弱ってきました…。

おじも目薬や皮膚炎の薬を服用しています。薬は箱に入れて、いつも同じ場所に置くようにしています。

f:id:kurashi-kenyaku:20200818215657j:image

 

同じ場所に置くことで、居場所がハッキリして、迷わず、すぐ手に取ることができるからです。

高齢のおじには薬が必要です。忙しい朝でもスムーズに服薬させることがでること…それが大切です。

 

小さなものは、一つひとつ、きちんと管理することで、身の回りも整えられていきますね。