kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

無印の角皿が大活躍 日々の時短で作る夕ごはん

 

毎日のごはんの支度… 主婦は大変ですね。

なるべく時短で作って、ゆっくりする時間を、少しでも確保したいと思っています。

そんな時短で作る夕ごはんを記事にまとめてみました。

 

 

 

夕ごはんは時短で作る

夕ごはんは短時間で栄養のあるものを作りたいと思っています。平日は、仕事帰りに献立を考えて、家に帰って洗濯を畳んでから、すぐに取りかかります。

手の込んだ料理は作りませんが、毎日の『おうちごはん』は、休日にまとめ買いした食材を使って、無理しない程度に簡単に作ります。

 

日々の夕ごはん

時短で作る日々の夕ごはんをご紹介します。

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123427j:image

カジキマグロとナスとゴーヤの炒め物、枝豆、きゅうりとみょうがのサラダ、納豆、大根の味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123438j:image

赤魚の味噌漬け、かぼちゃの煮物、トマトサラダ、納豆、大根の味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123449j:image

ブリの塩焼き、かぼちゃの煮物、豆腐とチキンのステーキときゅうり、納豆、じゃがいもの味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123605j:image

豚肉とナス、玉ねぎのニンニク炒め、じゃがいもの炒め物、きゅうりとトマト、納豆、ネギの味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123510j:image

いわしのきのこソース、ナスとピーマンのソテー、きゅうりとしそのサラダ、納豆、豆腐の味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200806123533j:image

太刀魚のソテー、焼きナス、枝豆、納豆、豆腐の味噌汁、雑穀ごはん

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200807123427j:image

豚肉、ピーマン、玉ねぎの中華炒め、かぼちゃの煮物、トマトときゅうり、納豆、餃子の味噌スープ、雑穀ごはん

 

かぼちゃは丸のままをいただいたので、今週は出番が多かったです。ラップをして、5分程度レンジにかけて、切れるぐらいの硬さにしてから調理します。残ったかぼちゃは冷凍して、お味噌汁やカレーに入れたりしています。

 

無印良品の使いやすい角皿

無印の角皿はとても使いやすく気に入っています。仕切りがあるので、隣りのおかずの汁が流れて混ざってしまうこともないし、一皿で済むので洗うときも楽です。また、盛り付ける量がだいたい決まっているので、食べすぎを防ぐ効果もあります。私にとっては優秀なお皿で、自然と手が伸びてしまい、使用頻度はかなり高めです。

平日は忙しく、ワンパターンな感じの夕ごはんになってしまいますが、カフェ風ごはんになるので、お皿のおかげでシンプルなおかずでも、少しおしゃれな雰囲気になります。

また、食事の際は無印の木製トレーを使うので、食べ終わったらそのまま流しに持って行くことができます。トレーを使っていなかったときよりも片付けが楽に感じます。

時短でごはんを作っても、片付けに時間がかかると意味がありません。トータルで時短にできるように工夫をしています。

 

忙しい中でも、ごはん作りを丁寧に、手際良く、効率的にしていくことが楽しみでもあります。