kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

片付けで整理整頓する

 

モノは増やさないようにしていても、知らない間に増えてしまいます。

対策として、定期的に片付けをしています。

そんな私流の片付け方を記事に書いてみました。

 

 

定期的な片付け 

今日処分したものはこちら

f:id:kurashi-kenyaku:20200820164916j:image

無駄にたくさんあった紙袋。

半分に減らしました。

 

食品も処分します。

f:id:kurashi-kenyaku:20200725221350j:image

処分すると言っても、捨てるのはもったいないので、フードバンクに寄付します。

 

モノの居場所をハッキリ決める

整理整頓の秘訣は、すべてのモノに居場所を決めてあげることです。

迷子にならないように、お部屋を決めてあげることが大切です。

f:id:kurashi-kenyaku:20200726133007j:image

こちらの棚には、大切にしている倉敷意匠のソーイングボックスと救急箱を置いています。上の棚は、アイコンにしている小さい羊とアクセサリーボックスの定位置です。

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200726133209j:image

下がBOSEが置いてある棚。

iphoneの置き型充電器は、使いやすい上の棚に置いています。

仕事から帰ると、こちらに腕時計や手帳を置いています。

 

その下の扉は

f:id:kurashi-kenyaku:20200726133329j:image

電気製品の説明書類や契約書などを、無印のファイルボックスへ収納しています。

 

隣の扉は

f:id:kurashi-kenyaku:20200726133448j:image

慶弔用封筒や手紙などのバラバラしやすい物を、種類別に箱に分けて収納しています。

下の左からアイロン、真ん中はiphoneや電子書籍のコード類が入っているカゴ、右は毛玉取りなどの衣類のお手入れ用品を収納しています。

視界的に落ち着くので、見える棚にはなるべくモノを置かないように心かけています。

 

片付けをする理由

実は私は汚家育ち。モノがいっぱいで、床の上はたくさんの本や衣類、いただき物などそのままで置かれ、片付けられない家で育ちました。それが普通の状態でしたが、遊びに行った友人の家は、綺麗に片付けられていて、そんな誠意整頓された美しい家にとても憧れがありました。そんなこともあって、物の整理や整頓、綺麗な使い方や保ち方に、小さいころから興味があり関心がありました。どうしたら美しく見せることができるのか‥と試行錯誤して、自分なりの方法を少しづつ見つけてきました。その結果、持ちすぎないことが一番の近道であると気がついたのです。

持たない暮らしは買わない暮らしでもあるので、新たな小物も買わないように心がけて、節約と同時に、掃除の楽さも重点を置いています。

我が家は古い家ですが、綺麗にすると、家の空気か綺麗になり爽やかになります。掃除後の清々しくなる我が家で、猫と遊んだり、コーヒータイムを楽しんだり、ノンビリすることが何より大好きです…。