kurashi日和

衣・食・住・整える暮らし

仕事用のバッグと中身

 

革製品が大好きで、大切にしているバッグや小物類。

今回の記事は、仕事用の使いやすいバッグと、その中身たちを紹介します。

 

 

 

 

バッグ

仕事で使っているバッグは『REN』というブランドのもの。肩が凝るので重いバッグは苦手ですが、こちらのトワル・ワイドトートは400gの重さしかありません。

f:id:kurashi-kenyaku:20200820153258j:image

荷物もたくさん入り、柔らかめの革ですが自立し、丈夫で、雨にも強く、作りもしっかりしています。使い心地は満点です。

RENにたどり着くまでは、紆余曲折たくさんの失敗を繰り返していました。それは、デザインだけで買ってしまったり、安い値段に惹かれて衝動買いをしてしまったりしていたからです。

なかなか気に入っているものに出会えず、長い間バッグ難民でした。そんな時、東京駅に出かけたついでに丸ビルへ寄り、RENに出会いました。

衝撃的な軽さ、洗練されたシンプルなデザインに一目ぼれをしてしまい、家に一度帰ってよく考えてから、もう一度お店に行きました。まさに私が望んでいたバッグで、今度は絶対に失敗しない…と確信したことを覚えています。

 

バッグの中身

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200820153847j:image

お財布はイルビゾンテ、

左上のポーチはサリースコットのもの。

右上は革の手帳。

右下の巾着は、ミナペルホネン のファブリックで作ったものです。ミンネで作家さんから購入しました。職場の休憩時間に食べる、おやつが入っています。

 

お財布

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200820154138j:image

イルビゾンテの二つ折りを愛用しています。

前のお財布も、同じタイプの色違いを購入するほど気に入っています。

軽くてシンプル、そしてカードの出し入れがスムーズで、手にも馴染み持ちやすく、扱いやすいお財布です。

f:id:kurashi-kenyaku:20200820154422j:image

中はジャバラのような感じになっています。

 

手帳

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200820155641j:image

ペイジェムマンスリーのB6タイプを使っています。カバーは専用サイズで作った革のもの。何年も愛用しています。仕事とプライベートの予定を両方書き込んでいます。なくなったら困る、とても大事なものです。

 

ポーチ

 

f:id:kurashi-kenyaku:20200820160101j:image

サリースコットの花模様の刺繍か入ったものです。NEWYORKERのお店で見つけました。使いやすい大きさで、中に仕分けできるポケットがあるので、常備薬などを分けて入れられて便利です。ベージュの柔らかい色も気に入っています。

 

ミニマルを目指す

年齢と共に、重い荷物に負担を感じることが多くなってきました。できるだけ軽く、シンプルにしたい…そう思っていますが、仕事バッグはある程度の大きさが必要で、どうしても重くなってしまいます。

少しでも軽いバッグで、軽い荷物にしたいと思い、長財布ではなくて、二つ折り財布を選びました。余計なモノは持たないように、身軽でミニマルな仕事バッグ&中身を目指していきたいと思っています。